私が派遣の求人を選ぶのは時給が高いから

派遣の求人が魅力とはその時給の高さでしょう。

私の住んでいるエリアでは800円程度の時給の仕事が多いです。

ですが派遣社員の仕事の場合は最低でも1000円以上です。

この差は大きいです。

1日8時間仕事をする場合ならば1600円もの差になるのです。

1カ月25日勤務した場合には40000円の差になります。

これを1年間で考えると48万円も違うのです。

わずかな差ですが塵も積もれば山となります。

この派遣社員の時給でも高いと感じる人もいれば安いと感じる人もいます。

それは何故でしょうか?答えは派遣社員は自分のスキルに応じた仕事に重点を置いているからだと思います。

自分の仕事に自信があればそれに見合った時給が付いてくるはずです。

そうした考え方になると価値観が違い「高い」とか「安い」になるのです。

私の場合はそこまでの意識はなくて、800円よりも1000円以上貰えるほうが良い——と単純におもったからです。

求人の段階で時給が1,080円ということに魅力を持っていたのです。

派遣会社と契約するときに1080円でも大丈夫ですか?と質問されましたけど「それだけいただければ大満足です」と返事しました。

そして話を聞いていると残業代も支給されるのです。

これは派遣業界では当然のことみたいです。

これまで正社員で仕事をしていた私にとっては残業代がでるなんて厚待遇だと思いました。